個人投資家の皆さまへ

一正蒲鉾ってどんな会社?

一正蒲鉾の歴史は、1965年に創業者の野崎正平が、生家である野崎蒲鉾株式会社を独立した時に始まります。「蒲鉾業界でも近代的な経営の導入が必要である。そのためには、職人の勘による製造から、科学的な技術に基づいた蒲鉾生産を行わなければならない。」という創業者の思いから起業された会社です。 当社は、創業以来、「人生はやまびこである」を信念に、周りの方々すべてを「お客さま」として、「誠実」「謙虚」「感謝」の心で、皆さまの期待や信頼にお応えすることをめざしてきました。

人生はやまびこである

科学的な技術に基づいた生産あるいは既存概念からの脱却からスタートした会社ですので、新技術への挑戦・導入は積極的に行ってきました。冷凍すり身の採用、大量生産型設備への移行はもとより、お客さまニーズの変化を見据えたレトルト製法(レトルト食品)の導入や健康志向への対応としてのまいたけ市場への参入もチャレンジする姿勢の表れです。
すべての挑戦が成功につながったわけではありませんが、多くの創意工夫と試行錯誤を行ってきた歴史が、一正のDNAとなっています。

おでん

当社は、「攻めの一正」として販売網の拡充も推進してきました。創業から6年後の1971年には本拠地新潟を飛び出し、東京・名古屋に営業所を開設しています。その後、全国各地に営業拠点を開設しましたが、交通網・情報技術の発達に伴って集約を行い、現在は全国の主要都市で8支店を構えています。 全国への積極拡販に歩調を合わせ、製造拠点も新潟のみならず北海道、関西(滋賀県)に展開しており、現在は6工場(水産練製品・惣菜事業)・1センター(きのこ事業)で製造・生産を行っています。2023年には、当社の主力商品であるカニ風味かまぼこの専用工場である本社第2工場も操業開始の予定です。

支店マップ

当社は、メーカーシェアNO.1 のカニ風味かまぼこ「サラダスティック」をはじめ、スーパーマーケットやドラッグストアなどの小売店さま向けの水産練製品を中心に製造・販売して、水産練製品業界で第2位のシェアとなっています。このほか、ごま豆腐などのレトルト惣菜類、スナック菓子「カリッこいわし」なども当社の商品です。 また、1996年に参入したまいたけは、業界で第3位のポジションを占めています。青果としてのまいたけ販売だけでなく、その栄養成分に着目したまいたけエキス含有サプリメントの販売も行っています。

商品

一正蒲鉾の強み

一正蒲鉾の強み

一正蒲鉾「4つのキーワード」

  • 食品づくりに携わる作り手の心と姿勢は、常においしさと安全をめざしています。

  • 安心=「見える」ことを大切にして、お客さまの期待に応える確かな品質を追及します。

  • 「安全」「安心」へとつながる高品質な食品づくりをもとに、からだや心の健康に良い食品を考えていきます。

  • 自然環境を大切にし、共存・共栄の企業姿勢で、未来の環境にも配慮した活動を行います。

一正蒲鉾の現在

  • 売上高

    売上高:346億円

  • 営業利益/売上高営業利益率

    営業利益:17億円

セグメント別情報

水産練製品・惣菜事業
目指す姿
  • 主力商品「サラダスティック」の圧倒的な競争優位性の確保
  • 魚肉たんぱく質の健康機能を追求した技術研究・商品開発の推進
  • 環境に配慮した持続可能な新たな食の価値提供
きのこ事業
目指す姿
  • AI・IoTによる管理・最適化されたスマートファクトリー化
  • おいしさや栄養機能を追求したまいたけブランドの付加価値向上
  • 環境に配慮した循環型ビジネスの構築
その他事業
(株)イチマサ冷蔵
運送事業・倉庫事業を行う一正蒲鉾の100%子会社

一正蒲鉾の未来

一正蒲鉾は、2015年に創業50周年を迎えました。
2016年には、100年企業をめざす新たな成長に向けて、「2045年度のあるべき姿」を描いた「ICHIMASA30ビジョン」を制定しました。一正グループは、この超長期ビジョンにもとづき、バックキャスティング思考で課題を検討し、課題解決の戦略・戦術を中期経営計画に織り込んでいます。
「ICHIMASA30ビジョン」は10年ずつの3つのステージに分かれており、1つのステージが5年ずつの第一次・第二次中期経営計画期間に分かれています。2020年6月にFirst Stage第一次中期経営計画が終了し、現在は第二次中期経営計画(2021-2026)を実行中です。 これからも、未来をめざして挑戦を続ける一正グループをよろしくお願いします。

2045年度のありたい姿
ICHIMASA 30 ビジョン

グローバル企業

“安全・安心”“健康・環境”
“心の豊かさ”をプラスして世界中に
日本の“食”で貢献するグローバル企業

食品バイオ企業

常に技術を探求し、未来に向けて
あらゆる“食”の情報を発信する
食品バイオ企業

あたたかい企業

あらゆるステークホルダーに
“食”を中心に“幸せ”“喜び”
お届けするあたたかい企業

バックキャスティング思考で今を変革する First Stage:2016~2025年度 成長基盤創りの5年 成長軌道への5年、Second Stage:2026~2035年度 成長の10年、Third Stage:2036~2045年度 飛躍の10年

株主還元方針

配当に関する基本方針

当社は、株主の皆さまに対する利益還元を重要経営課題と認識し、業績や将来の資金需要を勘案しながら、安定的な配当を継続的に行っていくことを基本方針とし、株主総会決議にて決定しています。

配当金・配当性向の推移

株主優待

当社は、株主の皆さまに自社商品のご利用を通じて、当社の事業をより一層ご理解いただくため、株主優待を実施しています。
毎年6月30日現在で100株以上を6ヶ月以上継続保有の株主さまに対し、以下の基準により、自社商品を贈呈します。

対象となる株主さま 毎年6月30日現在で 100株以上を6ヶ月以上 継続保有(※1)の株主さま
優待内容 毎年9月頃に当社より詳細なご案内をお送りし、下記のなかからお選びいただきます。
常温商品 おせち商品  平時冷蔵商品 社会貢献活動団体への寄付
継続保有株式数(※2) 毎年6月30日現在で100株以上を6ヶ月以上 継続保有(※1)の株主さま
100~ 499株 1,000円相当
500~ 999株 3,000円相当
1,000株以上 5,000円相当

※1「 6ヶ月以上継続保有」とは、毎年6月末日現在において、12月31日および6月30日の株主名簿に保有記録が同一株主番号で2回以上連続している場合をいいます。

※2「継続保有株式数」とは、直近2回の基準日(12月31日および6月30日)において100株以上を継続して保有し、かつ株主番号が同一である株主さまに対し、その期間の基準日に保有していた最小株式数を言います。

  • 常温商品

  • おせち商品

  • 平時冷蔵商品

  • 社会貢献活動団体への寄付

※商品は5,000円相当(1,000株以上保有)の一例です。